(景表法表記)当サイトはアフィリエイト広告を利用しています

【2018年のおすすめアニメまとめ】ベタな人気作から隠れた名作まで一挙紹介

アニメの大衆化でよりドラマ性の高い作品が増えてきた昨今。

2018年は『ゆるキャン』『宇宙よりも遠い場所』『ヴァイオレッド・エヴァーガーデン』など脚本重視のアニメが流行しました。

この記事では、2018年のおすすめアニメを一挙紹介します。

2018年を代表する人気作品TOP3

1. ゆるキャン△

話数
TVアニメ1期(2018年) 12話
TVアニメ2期(2021年) 13話
劇場版(2022年) 1話
TVアニメ3期(2024年)

ソロキャン(1人キャンプ)ブームを巻き起こした日常系キャンプアニメ。

本格的なキャンプ知識、ゆったりとした日常系アニメの雰囲気が噛み合った近年まれに見る良作。四の五の言わずに1話を見てほしい。

1stシーズンでは山梨県の富士山近辺のキャンプ場がメイン。2ndシーズンでは伊豆に遠征した。

『ゆるキャン△』をVODで探す
created by Rinker

 

 

2. 宇宙よりも遠い場所

話数
TVアニメ(2018年) 13話 完結

南極探査に向かった女子高生らの青春活劇。

各々の目的から南極探査を志した女子高生らが、南極探査に赴くまでのプロセスを丁寧に描いた。

『ラブライブ!』シリーズで知られる人気アニメ脚本家、花田十輝が脚本担当。解像度の高い人間ドラマと風景描写で実写ドラマ顔負けのアニメーション作品に。同年の米NYタイムズ「ベストTVショー」にも選出された。

『宇宙よりも遠い場所』のVODを探す
created by Rinker

 

 

3. ヴァイオレット・エヴァーガーデン

出典:Netflix

話数
TVアニメ(2018年) 13話
劇場版(2019年) 1作
劇場版(2020年) 1作

京都アニメーション制作。戦争で感情を無くした少女が、代筆屋として言葉を紡いでいくヒューマン・ファンタジー。

京都アニメーションの歴代スタッフが集った同作。2020年に公開された劇場版は興行21億円を記録。京都アニメーションを代表する1作として名を連ねた。

Netflixオリジナルアニメ扱い。劇場版も含めてNetflix以外のVODだと視聴できない。

『ヴァイオレット・エヴァーガーデン』をVODで探す
created by Rinker

 

 

そのほか2018年に注目を集めたおすすめ作品

はたらく細胞

話数
TVアニメ1期(2018年) 13話
TVアニメ2期(2021年) 8話
【はたらく細胞BLACK】(※スピンオフ)
TVアニメ(2021年) 13話

擬人化した体内細胞たちの活躍を描いた『はたらく細胞』。

赤血球と白血球のコンビが、日夜トラブルに苛まれる人間の体内を駆けめぐる。ちびっこでも楽しめるわかりやすい理科アニメ。

2021年に放送された『はたらく細胞BLACK』はストレスだらけの大人の体を舞台にした、ちょっぴりアダルトなスピンオフ作品。EDなどテーマにした。

『はたらく細胞』をVODで探す
created by Rinker

 

 

青春ブタ野郎はバニーガール先輩の夢を見ない

話数
TVアニメ(2018年) 13話
劇場版(2019年) 1作

江の島・藤沢エリアを舞台にした日常系ミステリー。

人間の心が引き起こすトラウマや葛藤、そして、その解決をドラマチックに描き上げた。

どことなく<物語>シリーズに似た作風の作品なので、すでに<物語>シリーズを視聴済みの人だと既視感があるかもしれない。まだ<物語>シリーズを観たことが無い人なら楽しめるはず。

『青春ブタ野郎はバニーガール先輩の夢を見ない』をVODで探す
created by Rinker

 

 

SSSS.GRIDMAN

話数
TVアニメ(2018年) 12話 完結
SSSS.DYNAZENON
TVアニメ(2021年) 12話 完結
グリッドマン ユニバース
劇場版(2023年) 1作 完結

ウルトラマンの兄弟シリーズである特撮ドラマ『電光超人グリッドマン』を原案にしたオリジナルアニメ。

巨大ヒーロー「グリッドマン」の力を得た主人公が、どこからともなく現れた怪獣の正体に迫る。

よくある特撮ものだが、非常に緻密で丁寧な脚本がベースにあり、一見すると日常系アニメかと勘違いする完成度。

2021年には事実上の続編「DYNAZENON」を放送。2023年にはシリーズ総括となる最終劇場版「グリッドマン・ユニバース」が公開した。

『SSSS.GRIDMAN』をVODで探す
created by Rinker

 

 

ポプテピピック

話数
TVアニメ1期(2018年) 14話
TVアニメ2期  

指定暴力団「竹書房」から生まれた謎の生命体ポプテピピック。

作品概要を説明するのが非常に難しい。とりあえずはコメディ作品だろうか。毎話豪華声優が出演して騒ぐ。

SNSでリアルタイムで盛り上がるための作品としての側面が強く、いざ1人で見るにはつまらないかも知れない。

『ポプテピピック』をVODで探す
created by Rinker

 

 

恋は雨上がりのように

話数
TVアニメ(2018年) 12話 完結

中年おっさんに恋心寄せる女子高生の淡い青春劇。

あらすじだけ見ると不健全な雰囲気あるが、そこまで際どい作品ではない。恋愛よりかは青春。ヒューマンドラマに近い作品だ。2018年には原作漫画が小学館漫画賞を受賞した。

『恋は雨上がりのように』をVODで探す
created by Rinker

 

 

メガロボクス

話数
TVアニメ1期(2018年) 13話
TVアニメ2期(2021年) 13話 完結

『あしたのジョー』連載50周年を記念して作られたオリジナルアニメ。

地下闘技場でその日暮らしをしていたボクサーが、無階級格闘技「メガロボクス」での成功を目指す王道のスポ根アニメ。

『あしたのジョー』とは世界観、キャラクターともに関係なし。単体で独立したオリジナル作品として楽しめる。

『メガロボクス』をVODで探す
created by Rinker

 

 

そのほか2010年代の人気アニメを探す

【2010年代の人気アニメまとめ】おすすめ作品だけを一挙ピックアップ

続きを見る

 

最近のアニメを探す

【2020年代の人気アニメまとめ】おすすめ作品だけを一挙ピックアップ

続きを見る

アニメ作品が多い!動画見放題サービス(VOD)ランキング

【1位】Amazonプライムビデオ

月額料金(税込) 600円
年間払いなら実質月491円に
無料体験期間 30日
Netflixと並ぶVOD国内2トップの1角。最新アニメから過去アニメまでバランスよく揃ってる。アニメ映画も充実。

公式サイトで詳しく

 

【2位】DMM TV

月額料金(税込) 550円
無料体験期間 30日
FANZAで知られるDMM.comが運営する大手VOD。アニメ作品にほぼ全振り。VODトップクラスとなる5000本超のアニメ確保した。

公式サイトで詳しく

 

【3位】dアニメストア

月額料金(税込) 550円
無料体験期間 30日
NTTドコモが運営するアニメ特化VOD。ドコモユーザー以外でも入会可能。アニメの作品数はVODトップクラスとなる5000本超。

公式サイトで詳しく

 

【4位】ABEMA(or ABEMAプレミアム)

月額料金(税込) 960円
無料プランあり(一部の作品のみ視聴可)
無料体験期間 14日
国産大手VOD「ABEMA」。無料でもそこそこアニメが見れる(CMあり)。960円の有料プランならCMなし。最新のアニメが多め。過去アニメはそこそこ。

公式サイトで詳しく

 

【5位】U-NEXT

月額料金(税込) 2,189円
無料体験期間 30日
Netflix、Amazonに並ぶ大手VOD。漫画や雑誌も読める。アニメの数も多めだが、アニメを見たいだけの人だと割高かもしれない。

公式サイトで詳しく

 

【参考掲載】Netflix

月額料金(税込) 990円
無料体験期間 なし
大手Netflix。アニメの数は多め。他社VODでは配信されないNetflixオリジナルアニメの配信もあり。もっぱらNetflixオリジナルアニメを観たい人が選びたい。

公式サイトで詳しく

 

【参考掲載】ディズニー+

月額料金(税込) 990円
年間払いなら実質月825円に
無料体験期間 なし
ディズニー公式VOD。日本アニメの数はそこそこだが、一部の人気作品を独占配信でよくも悪くも存在感。最近の作品だと『東京リベンジャーズ』がディズニー+でしか見れない。

公式サイトで詳しく

-2010年代アニメ